So-net無料ブログ作成
検索選択
植物を育てる ブログトップ

夏の花の片付け 土の再生(殺菌) 培養土、腐葉土、元肥追加 そして冬春の植え付け準備 [植物を育てる]

 花を育てるのは大変ですが、葉が大きく育っていくのを見ていると、朝が来るのが楽しみです。
私は満開の花より、八部咲きくらいがかわいいですね。
今ペチュニア(サフィニア)、ブリエッタ、ミリオンベルが満開です
いずれもナス科の植物ですごく肥料食い、おまけに連作に弱く、毎回培養土を最高のものを買うか
自分で配合しています。

正直、うまくやればもう一回切り戻し(伸びてる枝を切ると)脇芽がでてきて10月過ぎまでは綺麗に咲いてきます。
植物には頂芽優勢(一番のびてる先のほうへ養分を優先に送ること)があり切り戻しにより1本だけ先にのびていく枝を2本4本と増やすことができるのです。

ま、もう少し様子を見ようかな
またサントリー、タキイ、第一園芸から秋冬の花苗を購入する直前までほっとこうっと


僕が長年育ててきた花の苗から満開までの育て方 [植物を育てる]

花をきれいに咲かせるためには
①土(人間で言えば母のおなか)      高いですよ
②種もしくは苗 (種の場合は父の精子) ブランド品が一番
③元費
④日当たり
⑤水遣り たいていの植物は乾いたらたっぷり やりすぎは水腐れの原因
⑥そして愛情 花との会話で状態を察知
私が育ててきた花はすべて超一流の土から苗(ブランド)、肥料(一流)
そしおき場所(できれば南側)、メリハリのある水遣りこれが大事

そのい成果をそれと同じ方法をとれば同じように花が答えてくれます
もう少ししたら必要な情報をのせますね



植物を育てる ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。